topへ
reload

page 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
ボク >> クローズターンからの加速が荷重の乗せ替えがどうしても出来なくて
先生に見てもらったところ
クローズターンしてフロントクロスの姿勢になったところで
よいしょって体重のせ替えてるから減速してしまう
先行足に100%乗った状態から後行足を
一気に滑り込ませる感じ?
ウォーキングでの荷重移動の練習が足りないっぽかった
ウォーキングは足を上げないのね
やっぱり摺り足でした
これ2輪目で地面に食いつかせて安定させてから
反対足に乗せ換える練習なんですよね

足の指の付け根で蹴り出す
アイシールド21の甲斐谷陸君の走り方
速歩きする時ずっと意識してたこれだ
「足首は直角で固定、足全体の力で地面を押しながら進む。
足の裏側や後ろの筋肉を使って前にドンと押し出す、足を漕ぐ感じで。」
走法の名前は知らないけどかっこよくてこれ好きなんだ
リアルタイムでジャンプ読んだときからだからもぉかなり続けてる
これのタメをスケートで体現しろということなのかも
蹴り出しはアウトエッジに倒して止めてるから厳密には違うけど漕いでる
なんだかまたおもしろくなってきた

今回のトリックスラローム講習は
小蛇は回転軸が小さいので特に姿勢をしっかり軸をしっかり
上半身はまっすぐブレない
これは前述の飛燕も同じだね
次はスピンをやりましょうって言われた
スピンも重心置いてけぼりで足だけちょんと伸ばしてから
上半身を無理やり乗せているからクローズターン後と同じことになってる
まだまだ直さなければいけないところたくさんある

先日フリースタイルの方に習ってたバックネルソン
いまいち足の動きが覚えられなかったけど
フロントネルソン
https://youtu.be/44MhMF-La8s
バックネルソン
https://youtu.be/JBp2Xl7_zDU
BH Rollerさんの動画はすごくわかりやすい
Jターンも習ったんだけど
不知火の変形かなという理解
https://youtu.be/7uGLeHuE-nE
公式のを見るとさらに難解で言葉に詰まる
公式もこういう技がありますって選手の方がやってくれてるけど
見る側にこれはこういう名前の技って紹介なので
解説はなく結局口伝で亜種多数。。まぁこれはどの競技でも同じか
-2017/09/16 [Sat] 21:07:00-
ボク >> 以前助かってからよく通ってた整体の先生
針は手を抜きたいだけ揉むのは疲れるでも揉まないとほぐれない主義
リラクゼーションじゃなくて治療だって言ってたんだけど
企業常駐のマッサージ師になりたいとかリラクゼ転換コメントしてたり
施術で伸ばした時に反動付けてポキッて鳴った時に
よし入ったこれで大丈夫とか素人でも不味そうな施術
先日の施術後によかったんだけど家についたら元通りで
ストレッチしてもしのぎきれなかったので翌日行ったらまったく同じ施術
そして原因はストレッチのしすぎときた

以前は骨盤の位置とか足の長さの差とか背骨のズレとか
見てくれてたんだけど今は基本ほぐしと先生の先生あんちょことツボ押し
基本ほぐしは強くてとても好きなんだけど
なんか足りないのは探求心かな
自分の技量に満足しきってしまっていて
年齢とともに技量忘れる衰える速度に負けてる
これは想像だけど先生の先生のあんちょこは対処療法で
理屈で理解していないような感じがしてる
生活かかってるから安定を求めて常駐の魅力に迷うのは当然ありだけど
尋常ではない数がある整体で選ばれ続けるには
未知深いといわれる人体止まってはいけないと思う
こうしたらこうなったという対処療法は大いにありだけど
人によっての差異もあり先生同士の勉強会くらいしか思いつかないけど
やったほうがいいと思うな
-2017/09/12 [Tue] 12:53:15-
ボク >> エルザフォルテさんのようこそジャパンのアイカツ
日本人だらけのメンバーでなにかイキってんのかなと思ったけど
ニュージーランド出身の花園きららちゃんとか
子供にも覚えやすくわかりやすくしてるだけで
本当はシャイニング フラワーガーデンさんとかそういう名前に違いない
自動翻訳機とかで言語調整とかもされている
歌もほんとは全部英語

多国語が話せて当然の世界線
昔にクリスタルケイさんってアーティストが
ナショナルスクール時代の親友とか紹介された人と世間話しながら
どこかの並木道を歩いてる番組だったんだけど
ケイさん日本語で言ってるの親友さんフランス語で話してて
脳内で変換するとかそういうタイムラグなく
お互い聞き取れて話せてるから慣れてる言葉で遠慮なく
かっこいい世界観だった
普段いかに文法がとか単語がとか無駄に脳を使ってるか
サンキューとかフレーズで覚えてしまう
サンクス・ユー、あなたに感謝とか脳内変換する人いないじゃない
会社にタイの人いるけど脳内再変換するから言葉に詰まるんだよって
日本語は日本語脳で応対すればいいんだよって言ってた
わかるフレーズ増やしてなんとなくわかるフレーズで組み立てて
聞いてくれる気がある人なら分かってねぇなぁと思いながら補完して
その理解だと不味い場合にはわかりそうな単語に変えて言い直してくれる
文法とかは話せるようになってからだな
日本語もそうやって覚えたはず
美しい日本語とかは結構あとじゃない
美しい英語が話したいし美しい英語しか通じないと思い上がるから不味い
ブロンドさんとかそういうのあげつらう性質の人もけどそういうの一部
まぁ親切な外国の人も日本語ができる場合には
こいつは日本語を話すはずって日本語脳で受けてしまい
混乱して聞き取ってもらえない事故はままある
そういう場面にあたると心が折れて日本語出来る人には日本語で話してしまう
親切な人に通じてたから思ってない失礼な物言いになってることあって
激高されて??ってなるけどそこまで話せてたら贅沢な悩み立派だよ
-2017/09/02 [Sat] 10:27:57-
ボク >> 2輪目特訓中やってたら飛燕がゆっくりでも
パイロン抜けられなくなる事象
コンパクトにってするとクローズターンの垂直に狩りに行く足が
パイロン手前に突き刺さる
大きく動くとパイロンのラインから外れる
このところ基礎スケで習ったモホークとイーグルの練習してたら
飛燕も調子良かったんで油断してた
あとしゃなりで右足の蹴り込みは荷重が乗るけど
左足の蹴り込みで荷重が乗らない
左回りのドーム外周の弊害かもしれないけど
実際出来ないのはボクの技量がやりこみが不足
片減りひどかったから裏返しにしたのもあったから
原因究明がてらウィールを新調してみた
減らないドームでもTストップの減速を左爪先のウィールだけで
しばらく使ってたらおむすびみたいに三角になってしまったので
なんだかすごくやり辛かった

家のフィットネスでも出来なくなってたから
原因は別のところにありそう
初心に帰って最低スピードでねちっこくやろう
たぶんクローズターンの踏み変えの時に荷重抜けてないんだろうな
コンパクトに気取られて届かないからって足伸ばして旋回
制御範囲から出てしまっている
飛燕は荷重のバケツリレーみたいなイメージになってきた

両手を膝に置くと必然的に腰が落ちて足も安易に伸ばせないから
腰骨の範囲から足が離れない利点これいい
2輪目でやる飛燕もまだ加速こそ出来ないものの
旋回だけならよい傾向なんじゃないかな
-2017/08/29 [Tue] 08:35:07-
ボク >> フロント系を2輪目だけで滑るの苦しい
ウォーキング練習してたからか
歩くのと片足づつ滑るのはなんとかなんとなく出来るんだけど
パラレルとか飛燕とか両足接地で2輪目荷重するとピタッと止まる
なぜか膝と膝がくっついてバランス取ろうとして完全ブレーキ
先生は1本目にパラレルして最後にスピンを流すようにしてると言ってたけど
スピンとか滑れないむしろ踏み変えて歩く感じ
片足づつでも泥の中を進むように重怠く初心に帰るスクラップアンドビルド
やってみた感想は2輪目が体の下から外れると即止まる
両足とも2輪目を体の下から離さずなにもかもコンパクトに捌く
足首曲げて膝のクッション効かせて2輪目を膝の下に収納し続けないと
進む2輪目荷重にならない
疲れが半端ではなく楽しい
そして踵も使ってよいとリミッター解除した4輪使用が楽で楽で快適心地よい
それだけでもやり込む価値がある
DVしんどいけどたまに優しいとかで勘違いしてまうMの発想
これはなにかひとつの頂きに届く道な気がする

そんなに詰め込んでどうなりたいの?って言われるけど
プロになりたいわけでもないし大会で勝ちたいわけでもないし
ゴルフとかやる人には言わないけどスケートだと言えちゃうのは
マイナー競技だから?そもそも競技と認識されてないかも
なんか出来ないが出来るようになるの楽しいからだよ
自己顕示欲ってなくもないけど
転んでかっこ悪いと思うほど上級者でもない
むしろ転びに来たんですよと言ってる

ドールのときも似たようなこと思った記憶があるので
趣味に共通することなんだろうな
何本気になってるんだよって斜に構えるこれも日本人らしさか
-2017/08/25 [Fri] 12:59:07-
ボク >> トリックスラローム講習会

ウォーキングの荷重ポイント
足の指の付け根、2輪目
とにかくそこだけで前後に歩いて止める蹴り出す為の安定土台を得る
その荷重で片足上げて静止して何秒か耐えるのも効果的
スラロームの動きをミニマムに1輪目を前輪、2輪目を後輪として
3輪目4輪目はないものとして
これまでの踵荷重を2輪目でやる
これにより荷重の載せ換えが4から1が2から1と短縮される
当然小回りも効くし旋回性能上がる
動物やスポーツ選手の初動の速さで踵を地につけないヒント
ウォーキングで安定したらパラレルや飛燕やら
全部2輪目荷重でやっていく
はじめは1輪目も接地してしまうけど徐々に2輪目だけになるよう意識する
これなんかとても楽しみ
飛燕もそのポイントで接地した時ははっきりと荷重の切り替え楽
ワンウィールは接地面とかよりシャフトの位置を意識
2輪で完結するのをさらにミニマムに1輪に集約すると
シャフトの前荷重で前に転がる後ろ荷重で後ろに転がる?
世界の真理に触れたような重要な話を聞いてしまった気がする
当然合う合わないあるので合わなかったら忘れるようにと言われたけど
とりあえず考えるだけで楽しくなってきたのでやってみる

不知火とか腰を落とす落とすと念じると
ウィール飛び越えてブーツが接地するのは
足首で強く曲げてるからそこも制御できる範囲

次に買うおすすめブーツはないですかと聞いたら
powerSlideの2018なんとかevoってのを待つのが吉と言われた
まだ今のフィットネスかなり保ちそうなので待つのは構わないですが
調べるとなんか金ピカのすげー高そうなのが出てきたんですけど
あってますかね?
2018で大幅なモデルチェンジとも言ってたので楽しみ

今回の講習もとても為になった
自主練習ちゃんとやって疑問点を質問する場にしてもらえたらと
先生から言われたのもあって次からは見学にしようかな
キャンセル待ちが何人も居て自由にふらふらスラロームしてて申し訳なかった
子供の付き添いには来るので未練がましく周回してるんだろうな
-2017/08/23 [Wed] 21:29:15-
ボク >> 多々良君の天才感に感情移入できないのは
練度が足りない苦労の積み重ねが足りない
ボクが日本人だからかやっかみだね
苦労して苦悶の日々がないと努力したとは認められない
いやな性格だよほんと

練習方法で疑心暗鬼になってる時に
お前は正しいと先生に断言してもらえるのは救い
-2017/08/21 [Mon] 20:28:26-
ボク >> クズの本懐をやっと見た
スイッチ入った茜さん超よかったゾクゾクした
花火のもやもやも麦ちゃんのもやもやも
えっちゃんのもやもやも
最可ちゃんのもやもやも
お兄ちゃん先生だけ理解出来なかったけど
みんな素敵でしたこういうドロドロした心理描写大好きです
そしてラストきれいないいまとめでした


ボールルームへようこそ見てるんだけど
ダンスもかっこいいし楽しいんだけど
プロのダンサーがいくら型破りなめちゃめちゃな人でも
替え玉を提案はないなーと原作通りなんだろうけど
多々良君の家の畳でみっちり繰り返し練習してる痕はあるけど
目がいいから足の使い方骨盤やアバラの動かし方まで初見で覚える
ルーティンも必死に覚えた感は出そうとしてるけど
裾踏んじゃって転んだり取ってつけたようにドジった感が響かない
まったく努力した様子なし食檄のソーマの美作昴君みたいな器用さ
確かにそういう人いるけどさ影の練習量は知らない
みんながかまってくれるのは天才だから
ダンサーの顔になっちまってるのは技術は伴わなくても
これはこういうルーティンなんだぞって自信有りげにやってるということ?
音楽もいいしダンスシーンもかっこいいので気に入ってるけど
多々良君だけ共感できない異質
雫ちゃんもマコちゃんも元鞘で
わがままで反りの合わない天才肌みたいな娘が
悔しいけど踊ると相性ぴったりとか
多々良君のペアになるんだろうなー
-2017/08/19 [Sat] 21:34:07-
ボク >> 基礎スケーティング講習会に混ぜてもらいました
フロント側でスピン、イーグル、モホーク

スピン
左手を水平前方、右手を水平右側に出して
左足爪先で右足踵の2ウィールで反時計回りに回る
水平に出した手を引き込むんだけど左手が上
体をひねっても手と腕は常に水平をキープ
姿勢はまっすぐのまま

イーグル
オープンと同じ動き
膝をのばし姿勢よく太もも前面に力を入れて右足荷重して
左足踏み変えてそちらも膝をのばして太もも前面意識
腕は左右とも水平真横、肩を入れると前傾して小さく回転する
肩を抜くと猫背になり止まる
とにかくまっすぐ
トリックスラロームと大きく違うところは膝をピンとすること
アイススケートっぽい
がに股で座って滑るのは美しくないとのことですよね
イーグルで直進して大きく弧を描いて最後にスピンで両手を広げる

モホーク
オープンターンと近い
フロント右足にしっかり荷重して後ろ左足はフリーで伸ばす
後ろ左足をオープンで踏み変えると同時に後ろに振り返り
前右足を上げてピンと伸ばしてから気を付け
右後足に荷重して前左足をオープンに踏み変えながら
左前足に荷重を移しながら前に振り返り
右後足を上げてピンと伸ばす
姿勢を崩さない

どれもきっちりとした姿勢保持と優雅さが大切
わたわたしない
どの技もアイススケートっぽい
モホークが荷重移動のよい練習になりそう
イーグルはそのままオープンの練習になるかな
だんだん距離を伸ばしてオープンできるようになるかも
-2017/08/18 [Fri] 08:45:07-
ボク >> トリックスラローム講習会

苦手向きの振り返り先行肩が下がっている
振り返ろうとするあまり歪んでる
シザースで姿勢を確認してパイロンに入る
スネイクもクロスもやると肩が下がってしまう
左からの振り返りで左手は左膝、右手は左後ろポケットあたり
手を固定して傾きを検出することになった
バックワンフットとかもそうだけど
腰が引けてて怖さが残ったまま練習してると
そういう姿勢で安定してきてしまうので
荷重かける足の膝に手を置くのは有用に思う
爪先はどこって情報が手からも入ってくるからか意識しやすい
結果的に手を届かせるため膝も落とせるし
バックワンフットの振り返りの弱さは怖さからくるものなので
前にぺしゃっと潰れてもいいから前傾してでも振り返る

荷重の練習としてウォーキング
一歩はブーツ半個分でいいので片足前に出しながら荷重をかける
腰から前に乗り出す感じでとにかく出すと乗せるが同時、後ろ向きも同様に
荷重移動しないで前後したらその場で足だけ動く
こういう細かいところを積んでいかないと
その上の技術が積めないがんばる
アウトエッジにのる練習でフロントもバックも
サークルをぐるぐる出来るようになると安心感増す
とにかく乗ってて怖いとこ減らす

フロントスピン
止めた後行足の爪先支点でとにかく小さく回る
回り終わったら支点の荷重抜いて先行足の踵荷重
支点にした後行足に荷重が残ったとしても踵荷重にはする
着地した先行足は堪えきれずドスっとつくのではなく
踵荷重でスムーズに荷重を移す
スピンは減速はするけどとにかくロス少なく

飛燕のクローズターンが止められず流されてしまう問題
先のウォーキング荷重練習で止められるようにする
止めるやり方と小さく回るやり方があり
腰の真下でコンパクトに回るように心がけると
流されずにしっかりとした荷重移動ができる
どちらにしても抜重したい後行足が腰の下で荷重したい先行足が遠くにある
これが流されて止められない要因
荷重の受け渡しは腰の真下
クローズターンの時に先行足が遠くに行かないように
バックワンフットにしてしまう練習
止められなくとも小さく回るその着地はフロントスピン同様に
ドスっとしないで踵荷重で滑らかに行う
荷重の在処を明確にするとともに着地と同時に荷重の切り替えをする
強制的で理想的な練習だと思う

荷重練習、フロントスピン、飛燕
全部繋がってて基礎がないと積み上がらないとこに
差し掛かってるんだなーとしみじみ思った
ここ雑に通り過ぎるともっさりした繋ぎしか出来ない人になる
鬼足が苦手なのも治るといいな
-2017/08/10 [Thu] 01:53:03-
ボク >> やしおで習ったこと

フロントスネイク
骨盤と肩の線を横一直線にしてパイロンの線にのせる
前足は遊んでて構わないので2:8の後ろ足メイン荷重
はじめのアウトエッジのまま最後まで保持
大きいスネイクの練習法としては一個またぎ

バックワンフット
バックスネイクで入るのはいいけど
ブーツを寝かせてしまうのが良くないのでとにかくウィールを立てること
まっすぐ入って大きく振らずにちょいちょいパイロンかわす感じで
助走をつければ漕がずにパイロン貫通出来るようになる
漕ぐようになるのはまずはそれから
出来ない出来ないと言ってないで年単位でみるのは大事とのこと

不知火
上半身固定してふるの汚いと言われていたけど
動かしてもいいみたい
ドームだとローラーの方々もいるのでその方々は動かないんですよ
歩くときみたいに前出す足の反対の手を振るくらいの気持ちで
肩を出すと大きい動きに出来てよいとのこと

クローズクロス
クローズスネイクよりクローズクロス先のほうがよいみたい
きついからそっちができればスネイクは楽
止まってしまうので漕ぎ方聞いたら荷重は先行足
これはドームでもやってる子に聞いたら同じ答え
今回は先生の後行足説と違う方に行ってみる
ただ後行足荷重でやってきてしまったから先行足だよって
そんなすんなり行かない

ワンウィール系
バランス怖くてまったく手を出してなかったんですが
その場でその姿勢をするから怖いのであって
ウィールを前後に出してバランスをとる
横に出すから前に転ぶ自転車だって前に転ぶの難しいでしょ
微妙に上げるの大変だから思い切りよく上げるのがコツらしい
驚くほどすんなり上がってびっくりしてる
ドームでやったらトゥヒールいきなりパイロン半分貫通出来てるし
これは驚き
ヒールヒールはゾッとするけどトゥトゥなら結構歩けた

今回もおみやげたくさんだ
-2017/08/07 [Mon] 12:55:56-
ボク >> 高価な中敷きで熱整形の足にフィットするものがあれば
タンというかカフというかそこがもっとシッカリ保持してくれれば
いいブーツを買えばロッカリングをしたら
いいウィールいいベアリング短いフレーム
なにか道具で劇的に変わることがあるかもしれない

そんなたらればばかりを考えている時期が有りました
今思うととても稚拙で技術不足
言われたお店の人も生暖かい目で見てたんだろうな
いまも技術不足だけど!

中敷きは普段使ってるスニーカーのと同じのにしてる

カフはかなりねじれては来てるけどほとんど締めてなく
以前買ってきた足首サポーターで太らせるのも最近はやらず
締め具合は締めすぎて痛いところからネット散見しても見当たらなかったので
好みだから人それぞれと先生の締め具合を聞いて真似させてもらったりした
今の好みは紐はシッカリマジックテープもシッカリ
カフのバンドはその紐の締め具合が開かない補助
全く締めないとプラプラしてコケた時とかに壊れるので
添えてるだけで締めない

FILAのいいブーツも買ったけど普段の練習は初めてのフィットネスブーツ

いいウィールも買ったけどすでにボロボロ
hyperの良さがまだ残ってるか不明

いいベアリングは良さがつかめるほどなめらかに滑らせられない

短いフレームも旋回性能がいいことはわかったけど
それはピッチの広いフィットネスブーツで回り込めるくらい
大げさに動けないといけない

ロッカリングは外周するとき直進安定性を損なうのは確かだけど
大げさにすることもなくウィールが減ってローテーションすれば
自然とナチュラルロッカリング状態になるから
ワンフット出来るようになってからとかそんなに気負うこともなかったんだな

練習もするけど道具にも頼って早く上手くなりたいと思ったし
出来ないのは道具の所為もあるのかもと思ったりもしたけど杞憂でした
フィットネスブーツ爪先が引っかかったりもするけれど
それは振り返り腰の捻りが足りなかったり膝が伸びてたり他に原因があって
いまはフィットネスブーツで出来ないことがほとんどないことを
立証しようかなとかいい加減なこと考えている
みんなの買い替えの時期を奪うほどに使い込んでやろう

seba highほしい熱もあるにはあるけどサイズがない
先日27.5の人に試着させてもらったけど
履けたけど爪先ガッツリ当たってたのは
28mm確定でいいと思う
きついきついとは聞いていたけど
思ったほど当たるところはなかった
SHOP激推しのpowerslideにも興味津々
ともあれフィットネスブーツ壊れるまで使ったらね

あと靴に着けるタイプのdoopも買ったからには使わないとだー
-2017/08/02 [Wed] 05:36:17-
ボク >> 80cmピッチのパイロン
なんかいつのまにか抜けられるようになってた
フロントスネイクとバックスネイクは得意側のみだけど
なんで早くこっちに慣れたほうがいいと言われたかわかった
ロッカリングと踵荷重で足の向きを変えるだけで漕いでるのかな
なんか魚みたいに加速する不思議
早いのは正解でないと抜けられないという意味がぼんやりわかった

フロントワンフットだけはやり方が違ってて
フリーの足を振り子にしてスィズルから片足上げた感じにしないと
抜けられないと教えてもらった
フリーレッグの踵の位置を意識しながらやってみたけど
教えてくれてた人のフリーレッグも実際あまり動いてなく
たぶん両内腿を閉じる力を利用して漕いでるっぽい
これはずっと不思議だった高速ワンフットの鍵を知ってしまった気がする

80cmピッチまたしばらく遊べそうな楽しみが増えた
-2017/08/01 [Tue] 08:14:56-
ボク >> フリースタイルの技名がわからない
トリックスラロームの技名すらわからないのまだあるのに
ダンスステップの時も思ったけど本とかあるわけでもなく調べようがない
不知火の練習してたらクレイジーですねと言われ
先生からフリースタイルで横移動の少ない不知火を
クレイジーというと聞いたの思い出したり
クローズの練習してたらモクソンですか?
考案者が木村さんなのかな?
1年やっていまだにモホークってなんだかわからない
これほんとにみんな口伝だけでやってるの?


調べたら協会の公式サイトにフリースタイル技名一覧ありました
http://www.inlineskate.or.jp/inlineskate_slalom.htm
パンタグラフバタフライは載ってなかったけど
尋常ではない技が多数有りました
地味だから出来るかというとどうやっていいかもわからないものばかり
なにか動きのエッセンスとして得られるものもありましょう

動画で見たいから本よりサイトだけど
「フリースタイル スケート」だとどうしてもスケボーしかひっかからない
-2017/07/28 [Fri] 12:56:49-
ボク >> トリスラ講習会で習ったこと

フロントスピン
オープン状態にしながら荷重を後行足に移して
バックワンフット気味(?)にくるりと回って
先行足に荷重を移して加速
パイロンの横で回るのとパイロン巻くのと2パターンある
パイロン巻く方が止めた後行足も移動する分難易度高め
パイロンの間で回る方は軸を決めて小さく回れるので
パイロン巻くのが出来るようになればそちらの方が楽
回り始めたら下のパイロン見てるとバランス崩すので
蹴ろうがどうなろうが姿勢を回転軸にして前を向く
一回転すると決めて視線を定めると一回転できっちり止まる
バックワンフットからフロントワンフットに加速しながら踏み変える練習
これが自然に出来るようになるとターン後の一歩目で加速できるようになる
フロントワンフットターンにもつながるかもしれない


講習後にクローズの練習してたらフリースタイルの方がきて
なんとかイーグルやらパンタグラフなんとかやら
出来るようになるから練習すると良いと言われた
技の名前が全くわからないので理解不能
やってくれる技が鮮やかで早すぎる
なんとか120って言ってたかな?
バックスネイクの裏で切り返すところでちゃきっとフロントに向き直し
パイロンをS字に抜けるんじゃなくてM字に抜ける
バックワンフットの練習にネルソンがいい
ネルソンはスネイクでパイロンを抜けるたびに跨ぐように先行足を上げる
これの先行足の荷重を極力抜いたものがほぼバックワンフットと同じ
その方はバックワンフットのまま一つパイロン越える度に
ピタッと止まりつつという不思議な動きを高速でやってた

パンタグラフバタフライ?ってyoutubeでみた岡山の天才少女とか
ロシアの天才少女ソフィアさんとかやってた技だ
よしんばクローズ出来たとしても難易度高すぎだろうがっ


先生に聞いてもクローズについては否定的
きわもの的なことしたいなら自由にすればいいけど
ひねったり怪我の無いようにねとのこと
クドくなくルーチンに混ぜるなら緩めのクローズターン(なのかな?)で
パイロンすれ違いながらクローズクロスっぽく抜けるとか
姿勢の保持もあるけどアウト側にはなるけどしっかり重心乗せて
すべての滑りに通じるところの進行方向の後ろ側に荷重
オープンなら先行足は踵、後行足は爪先
クローズなら先行足は爪先、後行足は踵
ってまだあの姿勢で荷重とか意識できる状態にない
オープンは物珍しくないからキワモノではないのかな
やってる人の人数はどうあれ同列なのだろうね

なんか基本も美しくこなしたいし
なんか新しいこともやってみたいという感じ
やりたいことをやりたいようにやってみる
フロントスピン出来るようになったらバックスピンもやりたい
-2017/07/27 [Thu] 00:53:06-
ボク >> クローズにしてもオープンにしても
不自然で変な姿勢であることは間違いなく居心地は悪い
壁掴んだままで姿勢をとって手で反動つけて進む
姿勢を保つと言うよりは少しでも滑って進むよう心がける
はじめは5cmだけでもいいそれを段々伸ばして1漕ぎ15mにする
足の姿勢はまぁ徐々にとして安心して乗れるように慣らす
足の位置とか云々より進むこと大事
今日習ったことはやっぱりのけぞってでもアウト側にがっつり乗って
先行足で舵を取るらしい

苦手側のバックワンフットは
バックスネイクの先行足を爪先ワンウィールにして
後行足のみに荷重するやり方がしっくり来た
これフロントスネイクにも有効で荷重かけたくない足をワンウィールにして
現状をあぶり出し矯正する

腰痛対策はストレッチ1択
ヨガで言う猫のポーズ?がいい感じ
いろいろ緩めていくと最終的に先日ヒビを入れた左アバラ近辺の筋肉が痛い
かばったままスケートして筋トレを繰り返した形になるのかな
-2017/07/26 [Wed] 12:55:03-
ボク >> クローズスネイクとクローズクロスに関するヒントが
ネット上に全くない?
にもかかわらずできる人は存在する矛盾
完成させた人達だけの口伝で成り立ってる技なのかも
出来る人はなんとなく出来てしまう

とりあえず出来る人に聞いた全輪荷重のイメージはなんとなくわかった
不知火のクローズ状態だと完全後ろ足荷重だけど
その姿勢で進もうと思うと舵取り及び推進力は前足でいいのかな?
そしてブーツは一直線やや前足を出し後ろ足はさらに内向きにする感覚
ブーツがアウト側に倒れようがその軌道の真上に骨盤をのせる
体感的には海老反りしてる
ここが出来ないと即斜め後ろに下がってしまって真横に移動出来ない
重心安定させて全輪荷重が出来るようになったら
そこからはたぶん漕いでるんじゃないかなと推測
この状態で爪先荷重とかやれるとしたら
アンチバックワンフットとかの筋力が必要なんじゃないかな
こないだやってたうまい人はオープンクロスとクローズクロスと
アンチバックワンフットを順繰り練習してたし
まぁまだ想像で補完してる部分が多すぎる

終わってみるとブーツに押し付けてた足首超痛い
これも可動域広げたらなんなく出来るようになるのかな
まだブーツの爪先同士がくっつきそうだけど
出来る人の見てるとブーツ1個ないし半個くらい開いてたような
いまのところ自分でわかったのはここまで
しばらくクローズに凝るので何かつかめたり誰かに聞いたりしたら
またまとめるかも
-2017/07/20 [Thu] 08:49:19-
ボク >> やしおで習ったこと

けんけんする感じの高速ワンフット
加速するキーは3つで
けんけんの膝の屈伸
ウィールの捻り込み
補助足の振り子

クローズスネイク、クローズクロスの荷重は全輪
足首というかくるぶしのあたり?
大人は動かすの無理と言い切られてしまった
オープンかクローズのどちらかもしくは両方捨てても構わない
といいつつオープン捨てるかどうかの2択ということなのですかね

腰が痛いので整体予約して帰ると出てきたものの
帰りの山手線で立てなくなってしまいました
なんとか這い降りたもののホームで動けなくなり
ようやく歩いたけど改札でSuicaだそうとしてまた動けなくなり
ぎっくり腰(なのかな?)になってしまいました
とりあえずスケート靴を持つ力はないみたいなので
賭けで履いてみたところ歩けないけどスケートは出来るという
不思議な状態になりましたが家には無事辿り着けました

整体の先生予約してきてみたけど
実は前日に来たばかりでまたかって感じ
その場では直してもらって帰ったんだけど家についたらやっぱり立てない
ストレッチのし過ぎが原因とは言われたけど
治療しきれてないところを見るとコールドリーディングに
経験則と想像だけで言ってるような気がする
祝日だったので朝まで寝たところで悪化してたから
待ってて治るものではないみたい
とりあえずロキソニン湿布効果なしインドメタシン湿布効果なし
飲み薬のロキソニン効果なし
ここで炎症おこしてる線は消えた
ほぐしてはもらってるのでいつもぱんぱんの尻の筋肉はまったく凝ってない
背筋の左側1本ががちがちなのでこれさえ緩められたらいいような気がする
腰痛体操の膝を左右に倒すだけという重症モードだけを
月曜日1日ずーっとやってたらマシになった
腰痛体操万能説
さえかの♭いっきに全話みられたし悪いとばかりではなかった
-2017/07/19 [Wed] 08:09:53-
ボク >> トリスラ講習で習ったこと

スネイクをもっと大げさにやる
ゆっくり丁寧にやるときはほぼ直角に切り込む

クローズターンできちんと止めた足の真上に体を引き込む
体から離れていると減速になる

しゃなりで足が追い抜く時の反動と荷重移動を利用した加速
バックしゃなりで後ろの追い抜きも滑らかに

アンチバックスネイク片側はとてもよいと褒められた

ボクが思ったことといえば
苦手側左の振り返りがマシにはなってきたけどまだひどい
左側のバックワンフットは右始めたときと同じ
怖くて振り返れないこれは日々慣れるしかない

これは講習会の後に始めたんだけど
不知火をルーチンに入れる方法を考えながらクローズの練習始めました
フロントスネイク不知火からクローズクロスできたら
たぶんすごくきもちよいですよ
フロントスネイクで1個
不知火で2個
クローズクロスで2個
ここまでワンブロック
そこから普通の飛燕で8個?
・・・・・。。。。。・・・・・
鬼足で2個これでまとまった?
最後にドクター飛燕とか入れたほうがよいもの?
採点基準を聞くときれいに決めての加点式
視線切らしたら飛燕ではないとか言われてると
間違いなく一度視線切らすドクター飛燕は両刃の剣
失敗扱いでほとんどを費やした飛燕の加点0になりそうな気がする
どうせ1位取れるわけではないから無難な線を攻めるより
やってて気持ちよい方を滑るのを優先するべきだと思う
ドクター飛燕も混ぜられたらありの方向で
ていうかドクター飛燕って最後に反対回りするだけでいいんだよね?
実はその辺からよくわかってない
-2017/07/16 [Sun] 10:50:18-
ボク >> シティランは昔は毎週あったようなのだけど
今はよくわからない記事が古すぎる
たぶんフェイスブックとかしてないとわからないっぽい
荒川のはなんかまだやってそうな感じがする
河川敷というか川沿いの土手だよねたぶん
信号もなくて走りやすいのだろうけど
シティランというとボクのやってみたいのとちょっと違う
気持ちよくいい路面でならスケートアリーナに行く
マンホール、点字ブロック、排水溝、歩道の境目、ガードレール
上り下り坂道と橋、踏切
颯爽と駆け抜けられるようになりたい
夜中に近所を走り回ってた方が障害物多くてシティランぽい
池袋までさらっと車の少なそうな道みつけたのでその辺流してようかな
橋はないけど踏切があるんだよ
抜け道らしくタクシーがそこそこ通る程度なのはいいんだけど
夜中の池袋は治安があまり良くないのが難点

会社までスケートしてくればいいじゃんて言われたのは自転車の感覚
どちらかといえば歩行補助で少し早くすすめる程度
常にバランスボールにのってるような感覚
その為に歩いてて感じない程度の傾斜も高い難易度
歩いて同じ距離行くのと倍は汗の量が違う
マラソンに近いかなバランスボール乗ったままマラソンする感じ
やばこの説明だと楽しさが皆無
履いてることが多分楽しいこと
-2017/07/13 [Thu] 12:47:06-

topへ page 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
-レッツPHP-