topへ
reload

page 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
ボク >> スラローム講習

狭いスペースでの練習
小枝でも線でもいいから片足立ちジャンプで超える
安定すれば数続くけど回数を稼ぐのが目的ではなく
安定する点を探る旅
体は中心に置いてイン側でもアウト側でも安定するところがあるはず
今日やった感じだとアウトに倒し気味にして指の付け根の面で受けると次飛ぶの楽

ワンコーンで遊ぶ
頭真っ白にしてなんとなくその場不知火なり八の字なり
クレイジーレッグでもよく
その場不知火は両端でトゥトゥとヒールヒールでリセットして
どちらの足でも戻れるようになるとよい

バッククロスからフロントクロスの切り替え
鬼足とパイロン躱すのと不知火
飛燕の反対周りしたつもりだったのはブラインドクローズだった模様
どれも微妙だったのかアンチバッククロスから
後行足をオープンに踏み変える練習に落ち着く
バックワンフットになる時間があって落ち着いてやっても不安定になりがち
最近飛燕やってて右膝が痛い
左向きの飛燕でクローズに差した右足に荷重残したまま踏み込んで
左に乗せきれないまま切り替えして次に進むこの残った荷重で痛めてる感じ続けていくとズキッとする
これの改善にすごく効果ありそうな動き

-2018/07/21 [Sat] 00:22:18-
ボク >> 止める飛燕。。これはずっと言われてたことだけど
止めるはウォーキングの止めるが出来てないから出来ないと思ってた
それもあるのだろうけど
1,2輪目をひっかける感じというのもよく解ってなかった
クローズというか翻るときにブーツが真横とか後ろを向いたまま
踏み込んで荷重をかけても跨ぐときに腰を引いて乗り越える感じで
逃して前足を差し込むしか出来なかった
たとえ体を先行足の上まで運べたとしても同じ
止めても止めきれずに足が背中側に流されてしまう

そこで斜めでもブーツというかウィールというか
進行方向の前に向いていれば骨盤開いてそっちに足を出す準備が出来ていて
壁にして止めるというより
ひらがなの「つ」を書く感じで止める方が正解な気がしてきた
なんというかいままでもそう言われてたんじゃないかとさえ思えてきた
「つ」を描く理由も爪先で引っ掛けるためじゃなくてウィールを前に向ける為
後行足が先行足になる準備と考えるほうが腑に落ちた

理解が弱くてほんと情けないけど飛燕というパズルはこれで解けそう
次の講習でなんだそれは?とボロクソだと嫌だなー
-2018/07/04 [Wed] 20:28:17-
ボク >> スラローム講習

姿勢を正して止まりそうな速度で滑る
ホッケーだとスティックを背中のクビレのあたりに固定して
できるだけ腰を落として姿勢の矯正をしつつ一歩一歩確実に荷重する
とりあえずこれでわかったのは左足乗れてない
左はフレームの位置気持ち悪いように感じるのを治すとやりやすくなるかも

ダッシュ振り返り停止
押されてもグラつかない安定姿勢を探るこれは人によって違うらしい
腰を落として足首は柔らかく上半身でゆれは吸収できるとこ前も後ろも
ダッシュして安定姿勢トランジッション安定姿勢で停止
スピード出してトランジッションでバランスを崩し安定姿勢にすぐ戻る
トランジッション後は1、2漕ぎしても可
とにかく速やかに安定姿勢に
ホッケーの人たちは5歩でトップスピード

スピンして安定位置
ゆっくり行って安定姿勢スピン安定姿勢
これもスピン後に1,2漕ぎしても可
前から前、後ろから後ろ、1周半したり
これもバランスを崩したあとに安定姿勢に戻る

とにかく崩れない安定姿勢を探ること
この姿勢からならどこにでも移れる安定姿勢

静止状態ブーツ履いての片足立ちで10秒で
何輪目のセンターなのかインなのかアウトなのか探るのもよい
前に2輪目のアウトって聞いた気もするけど
人によって違うなら知っておきたいところ
安定姿勢も先生はアウト気味に構えてたけど
ボクはイン側に構えたほうが横からの押しには強いように感じた
アウト側が安定出来てないからなのかもしれない
-2018/07/03 [Tue] 12:41:34-
ボク >> スラローム講習

とにかく基礎を積まないと上に何も乗らない
パイロン外の基本的な乗り方等々
これが出来ないと10で出来る物を30かけないと出来ないとかになる

アンチバック
少しアウト側に乗るのは仕方ないこと
これもハチの字のバック側出来るようになってると
アウト側に乗る怖さなくなるし
倒さずに乗ることが出来ると倒すことも出来るが
倒して乗るだけだと倒さないで乗るのが無理になってしまう

ダブルスネイク
後ろ荷重で前足差し替えればいいのか?
それともしゃなり同様に前に出すたびに荷重乗せながら?
これも基礎的な問題で先行足を追い抜いた瞬間には
当然先行足になってて荷重は乗ってる
乗せ換えるとか乗せ換えのタイミングとかでなくて
前に出した段階で荷重乗ってるから入れ替えは存在しない

その場フロント側ハチの字
腰は正面を向いたままで指の根っこの平に荷重かけてきっちり止める
荷重をかけてるということは2輪目の上に体の中心がある
止まってるのを確認して反対足を回し込む
追い抜いたら荷重入れ替わってて反対も同様

どれも追い抜いたときに荷重が残っているから体が移動出来てないから
バランス崩しながら後行足に荷重を残して
先行足振り回すような無様なことになる

基礎の練習って講習後10分とかでもいいのかな
別の日にお願いしないとだめかな
土日は先生が無理として平日はボクが無理
今回はほんとどこを取ってもスラローム以外の部分でひっかかってた感じ
-2018/06/13 [Wed] 22:01:53-
ボク >> スケート履いて出来ないことは
スケート履いてなくても出来ない可能性が高い
アイスとかスケートで加速して助走があるから飛べるのでは?
と思いがちだけど羽生結弦さんその場スピンジャンプ
http://bokkou.tumblr.com/post/171031637453/
バックワンフットをやるに際して後ろ向き片足立ちを
日常の動作に組み込んでみた
苦手側が驚くほど出来ない
立つだけで骨盤真上のあたりの軟骨がポキポキ軋み続ける
骨格が変わりそうな予感
立つこともできないのに滑りながらそれをやろうとしてたなんて
無理に決まってた
-2018/06/08 [Fri] 00:33:57-
ボク >> スケート上手くなってどうなりたいの?
って最近もまだ聞かれるんだけど
目的はなくなんとなく出来ないが出来ると楽しいから
上手さで言ったら上位ランカーには一生かかっても成れないし
限界まで高めてもエアマスターの麗一的なポジションが関の山
雑魚は大好きだ。。ってあれ露払いそこはかとない小物感
飛燕できるようになれたらあと目標ないんだよな
飛燕完成にはまだ遠いんだけど
アンチバックワンフット両側というのは途方もなく遠い
かっこよくステップ踏んでスピンってキャラでもないが憧れる
-2018/06/07 [Thu] 00:43:34-
ボク >> ブーツの試着してきた

今のブーツサイズの勘違いをしてた
EU44-45の2サイズだったんですね
つまりは27.8cm-28.5cmということ
半個ずれてmax27.5cmのブーツ履いてるつもりになってた
店舗在庫にある欲しいブーツの最大サイズが27.8cm
フィット感柔らかいというKAZEでさえ爪が巻き上がる感触
昨年より狙ってたhc evoやtauはブーツ自体の硬さで
さらに苦しい足に合わない気がすると言われてしまった
その辺の硬いブーツは馴染むまでカフの押し込みが出来ず
極端に膝を落とす滑りをしてたりするのは結構履き込まないと無理かも
それよりはKAZEの方がおすすめされた
その辺だとデフォルト3輪なんだけど
3輪はスラロームやりにくいとか
3輪で出来ないのは下手ってこと普段どこに乗ってるか
通常でロッカリングしてたら踵荷重が34のところ23
爪先荷重が12のところ12でウィール大きくなってる分
ワンウィールはやりやすいとか
3輪は4輪でいう2,3のフラット状態が
2輪目のワンウィールになるのでその制御が怖いらしいとか
どの道使ったことないからわからないけど
トリニティフレームのブーツに憧れつつ3輪体験にも興味ありつつ
大足のため試走会とかあっても歯痒く諦めざるを得ない現状
今回は見送ることになりました
10年物のプラズマテレビが壊れて49インチのを奮発して買ったし
節約節約
-2018/05/31 [Thu] 21:52:05-
ボク >> スラローム講習

フロントクロスからバッククロスに切り替える
オープンターンクローズターン禁止で3パターン
ヒントとしては一個飛ばしてやるのも一つだし
片足上げてオープンターンの動きでもオープンターンに見えなければOK
出来たらもぉ3パターン出来たらその中で一番かっこよいものを披露
片足上げるなら先行足上げるのと後行足上げるのと
正面から振り返るのと背面側から振り返るのとで
一個出てきたら出来るかどうかは別として4パターン存在する
そうやってバリエーション増やしていく
間延びして大きくクレイジーサンの真ん中のをやる感じで
パイロン3個使ってフロントから背面でパスしてバックに移行
今度どうやったら背面じゃなくて正面で抜けられるか考える
オープン的ならクローズ的にとか
思考をやわらかくすること
これによりルーチン一個足りないのを間延びさせて帳尻合わせたり
スピード出過ぎて調整したいときに一個パスして調整したり
パイロン足りなければ一個詰めたりルーチンを自在に調整出来るようになる

ワンフットクローズ飛燕
クローズ足で片足を上げるときに腰が引けてて
アンチバックワンフットに乗り切れてない
アンチバックワンフットの練習は
バックワンフット練習から足を入れ替えるとやりやすい
ワンフットクローズもいきなり片足上げるのではなく昨日聞いた補助輪
抜く方を爪先立ちにして荷重抜けなければ動かないので
そこから始めるとやりやすい

飛燕は軸がブレないで回れることの練習と減速しない応用練習
今日は丁寧に基礎だけとか
月一でも飛燕100回とか気をつけながら丁寧に滑り込むといろいろ変わる
飛燕も応用なので軸がブレないように荷重確認基礎だけやる日を作るとか
一つ一つ滑り込んで安定させると積み重ねるときに次の技術を乗せやすい
次の回は基礎技カードを用意してつなぎのバリエーションを増やす練習
-2018/05/23 [Wed] 06:38:24-
ボク >> トータルクロス
右先行クロス抜けたところで右向きハの字
左先行アンチバッククロスで抜けたところで左向きハの字
その繰り返し
右先行クロスの場合はずっと時計回りであることと
ハの字はパイロン進行方向右側になること
左先行ならずっと反時計回りでハの字は進行方向パイロン左側になる
どちらにせよとても目が回る
流れるように出来るようになったらハの字で止める必要はなく
そこは動きの確認用

ボルテ
右先行クロスでパイロン右脇に抜けたところで先行右を止めてつま先立ち
時計回りに左踵からバイロンを巻き込む

ワンフットクローズ飛燕
クローズから抜く方の足をつま先立ちにして補助輪化するところから練習すると
回るコツつかめるかも

蝶番
飛燕のクローズターンのところをクローズしないで回る
アンチバッククロスの後行足を振り返り側へモホークする感じ?
ボクがやってみたいと思ったのはドームでみたもの
アンチバッククロスからクローズターンやると見せかけて
軌道を変えてフロントクロスで抜ける不思議な動きだったので
思ってるのはまた少し違う技なのかもしれない
蝶番として教えてもらったのはモホークした後は
両足荷重でパイロンかわしてスィズルっぽい形でした
帰ってDVD見てみるとまた違ってる?
アンチの体のひねりを利用したトランジッションに見える
技の形にこだわらないでボクなりに咀嚼して
ボクが減速しないスムーズな振り返りを研究しよう
ひねりを利用して振り返る片足でもいいし両足でもいいし

DVD見出したついでにネコターンみたらボルテでした
回ったところでボクは止まってしまうけど
更に回ってバッククロスとかにつなぐ技でした
ワンフットクローズ飛燕もそうだけど
どちらにせよボクには旋回角度が足りない
-2018/05/22 [Tue] 08:19:06-
ボク >> 光が丘カップチャレンジ参加してみました
勝てたらいいなーとは思って練習してきたけど
結果としては予選敗退
うまい人も出るから勝てないかもという心の保険はかけておいたけど
はじめてのカップに緊張していたこと
2本勝負が午後から雨の予報1本勝負で大事さが増したこと
それら差し引いて全力最高のものを出せても予選を勝てる力はなかった
そしてなによりチャレンジなら緊張とか初めてとかはみんな条件同じ
加速して最高速で駆け抜けるかっこよさは目指すものと違うので
ゆっくり丁寧に滑る予定ではあったけどとにかく滑り込み不足
ちゃんと腰を落としていたか?体の中心はパイロンの上にあったか?
なんかふわふわしてた感じが残ってる
振り返ってパイロン1個ズレてるの直されてたけど正直なとこ触った感触なかった

このところ初心者っぽくない動きが出来るようになって
少し浮かれてたところがあったのでちょうどよい冷水
鵠沼の基礎ルーチン最下位、光が丘チャレンジは予選落ちそういう評価の滑り
一つ一つ丁寧に練習して勝つ大会じゃなくて練習の成果の発表会
そう思って来年はオープン目標に掲げることにしました
-2018/05/16 [Wed] 12:56:46-
ボク >> 今週のスラローム講習

細かいところはいまはいいとして前に前に流れるような意識を大切に
あとはルーチン練習中に間違えてなんとなく流した数パターンも練習して
本番で間違えたときにこれであってますの顔でさらっとやる
正解ルーチンは誰も知らないのだから

光が丘でこっちの方がいいなーってルーチン変更
一個ずらすだけだから大幅な変更ではないのだけど
これも間違えた時のヴァリエーションに組み込もう

終わりをタイル4つ位漕いで流すことで終わりの減速感をぼかす説と
低速ならパイロン抜けたところでピタッと止めて終わり
その方がすっきり見える説
止めるとなにか間違えたのかな?失敗したのかなと思われそう
低速からあえて流すのはだらっと見えて止めた方が潔さが出る
双方なにか文句ありますかって感じの表情でまとめるんだけど
最後のスピンして荷重移動がまだ進行方向にあれば漕いで流して
後ろに残ってしまったら止める形で行こうかな
本番でそんな余裕があればですが
-2018/05/09 [Wed] 12:56:34-
ボク >> 旅行先のレストランビュッフェ
夜食べて朝食べてとても豪奢でいいんだけど
夜に食べて眠って朝はそんなに入らない
いろんな種類とか苦痛、美味しく楽しくとかない
よほどの大食漢か旅行でハイになってて食べ終わって後悔するか
夜はオープンしたてのギリギリに行けば料理も温かく並ばず食べられる
夜練して早寝して早起きして朝練すればどちらもしっかり楽しめる
いままでどうやって過ごしてたのだろう?不思議
満腹なりにいろいろ食べて満腹してたのだろうな

風越公園アイスパークは4時間遊び放題がっつり遊んで満足
ただ食事処が一つしかなくドリンク以外完売してて
次に来るときはお弁当持参で来ようと思った
普段からあるのかわからないけど乗り物多数
パイロン禁止だったらしいんだけど見てなくて
係の人にすみっこならと使わせてもらってた
150っぽいマーキングあったけどバスケゴールの下
バスケゴールも定位置ではなさそうなのでGW以外はパイロン可になりそう
行楽シーズンはずしたらわかるかな冬場はアイスなのかな?
行楽シーズン外したら街中滑り放題と思うとアイスでもないと行かないかも
星野温泉のミニアイスリンクよりは広大で楽しいだろうな
-2018/05/09 [Wed] 08:29:53-
ボク >> 軽井沢の路面いい
車道よりもほどうのがよかったりする不思議
アスファルトがつるつるしてて継ぎ目が全くないので素晴らしかった
ただ裏通りに入ると酷いので大通りだけですが
大賀ホールあたりは全面良かった
早朝寒いけど歩道にパイロン並べてスラローム出来るよ
-2018/05/05 [Sat] 06:13:18-
ボク >> 今週のスラローム講習

早く雑にやるよりゆっくりでも流れがあったほうが審査員受けはいいと思う
今回も言われたのは勢いつけてスピン突入して蹴り続けたので当然の帰結
本番弱さすごいんだけど娘も見ててくれるし
ゆるやかに楽しく滑れるといいな
ぼろぼろだった鵠沼の反省を活かそう

スピンで回るとき足が停まってても
上半身は一定のペースで進んでるイメージ
背中側に倒れ込みそうになるのをいそいそとクローズターンの足を差し込む
倒れる力も推進力にしつつ
荷重移動もしっかり出来てスムーズに流れて見える
スピン終わってああクロスの足差さなきゃじゃなくて
スピン終わったらクロスの姿勢になってる

大きくスネイクしようがブラインドクローズターンしようが
パイロンの線上から上半身は出ないようにすると
上半身回したりなにしてても
パイロン行き過ぎたり余計な心配が減る
自分で発見したような気持ちでやってたけど
これは前に言われたかも
特に背面からの振り返りで安心感が違う
-2018/04/25 [Wed] 22:30:40-
ボク >> スラローム講習ではないのだけれど先生に少し教えていただいた
肩甲骨をつけるほど大袈裟にやらず
前向きに立った状態で正面から見て手の甲が見えてたのを
手のひらを返して正面から手のひらが見えるようにする
それだけで胸が肋骨が開く意識が得られる
手のひらを前に向けたままでやる必要はないけど
肩に力を抜いたその開いてる感じを覚えておくと
軸を感じ易いのではとのことでした

バッククロスは単品でやるには前後差大きく開いた方が安定するけど
ルーチンに混ぜるなら後ろ足荷重で前後差小さくやる方が後に繋ぎやすい
先行足の踵が浮いてしまうのは膝を曲げて引き寄せておく
乗ってない足もフリーではなくいつでも荷重乗せ換え出来る状態にしておく
ということなのだろうなと思った

週末に光が丘で習ったこと
全部の動きに加速の種があるので練習してれば
自然と15個目が一番早くなるはず
ルーチン14個目のOスピンはオリジナルな動きなので
さらに最後も巻けるとかこの動きを発展させるととてもよい
そこは褒められた気がする
-2018/04/19 [Thu] 21:19:16-
ボク >> スラローム講習

やってて疑問
スピンの起点になる足はパイロン直後に差し込んでるけど
回り終わると次のパイロンギリギリに居たりする
これは止めなきゃ駄目なもの?流されてる?
動いてるのはそういう物らしい
ボールペンでぐるぐる描いたときに軌跡が動くように
より小さくすることは出来てもスピード出てればなおさら移動する
低速からワンフットスピンとかで最小径描けるかも
移動しちゃって次のパイロンに足が間に合わないのは
移動するからじゃなくて回転が足りてないから
あと30度回っていれば足を差し込む余裕が取れる

前の技が終わる前に回り始めること
バッククロスが閉じきる前に回り始めて
足がついてくる頃にちょうどパイロン来る
上半身が回ってそれから足
回ってる間は軸を意識してればどこに荷重あってもいいけど
前に進むなら踵荷重、後ろに進むならつま先荷重
回った後の1歩目は前向きなら先行足にきっちり乗って
反対足は上げてても支障ないところから
荷重かけつつきっちり差し込むこと
次の動作の準備がキッチリできることを目標にする
-2018/04/13 [Fri] 12:48:31-
ボク >> 今週のやしおでは14個目にスピンを入れ込む相談
ブラインドクローズからのBスピン
右足踏み込んで小さく回る

ブラインドクローズで差し込んだ足でパイロンを巻いてOスピン
Oスピンはどこに荷重かければいいんだろう?
踏み込んだときは先行足で回り始めたら後行足に譲らないと
後ろへの推進力はなくなる?
よくつかめてないけど
ブラインドクローズターンに差し込むときに先行右足荷重
パイロンの線上で回り始めて後行足がパイロンの線上に来たら
後行足に荷重全振りでパイロン巻いて帰ってくる先行足は
後ろに振り抜いてバッククロスの姿勢で抜けきる
これは当分繰り返しやらないとダメみたい

Bスピンにするならブラインドクローズターンの差し込みパイロン超えたギリギリ通過して
さらに先行足がパイロンの線上からパイロン一個分くらい通り過ぎたところで
先行足荷重のまま軸にして小さく回りバッククロスの姿勢で抜けきる感じ
どちらも出来るようにしておきたいところ
-2018/04/04 [Wed] 22:27:50-
ボク >> スラローム講習
スピン
軸が出来ていない回れない
回った後に逆回転するのは減速するので後
とりあえず回ったら跨いでもそのままクロスする
言われてはじめて気がついたのですが
首が回る方と逆側に向いたままになってる
肩が嫌がってる感じ
回るとねじれるから無意識に逆回転して開放してる
無理矢理固定しようにも癖がついてるから反対に振り返ってから
首だけ忙しく二度見して振り返る
スムーズさの欠片もない
これは上半身先行できない原因の一つなんだろうな
縮こまり開放感のない滑り
貪欲に前を向いていくことで姿勢を正す余裕がとれる?
ほんと出来ないこと多いなーとしみじみ思う

ひとの滑りを眺めてると肩甲骨をくっつけたまま滑ってる人もいたり
それぞれのスタイルなのかな
-2018/04/02 [Mon] 08:18:33-
ボク >> 城南島でカズさんにルーチン調整してもらう
パイロン手前から右先行スネイクモホークからのブラインドクローズターンで
左手を振り払う感じで先行肩から回す
フロントクロスから前向き一個跨ぐのをパイロン横を通り過ぎるのはよくない
跨ぐならきっちりパイロン上を通る
それから後ろ向いてもう一つ跨いで鬼足
バッククリスクロスからのブラインドクローズターンで
また右腕を先行肩から振り回す
フロントクロスの先行足になる方の足を1輪目だけ接地すると
熊殺しに入るとき外に膨らまない

飛燕のアンチバッククロス先行足はパイロンスレスレまで足を出して待つだけで
荷重はかけなくてパイロンスレスレでパタッと寝かせる
そこから振り返るときは上半身先行なんだけど
足を整えてから体の向きを整えてるので順番をもう少し気にしてみる
-2018/03/27 [Tue] 08:14:23-
ボク >> スケート用ベアリングに批判的なことばかり言ってますが
外でガチャガチャ音がするようになったのは
安いベアリングが原因の一つと言われ
これで直らなかったらもお買わない決意を秘めてABEC5のを買ってみた
正直よかった。。ぐぬぬってなった
踏んだ時の軽さが明らかに違う
このところリテーナが錆びたのとか使ってたからか余計に違う
ワンフットとかその他いろいろ滑ると歴然
ドームで違いがなくともやしおの路面だからかな
すごくよかった
ただ言われたのはよく回るのはよく回らなくなるのも早いから
1個単価が倍という以上にランニングコストかかるよとのこと
オイルベアリングの超ゴミが入る構造みたらこれは仕方ないかな
ベアリングバラさなくても片側開放だからリテーナ外さなくても注油出来るよ

そしてTONEのトルクグリップTG5を買いました
ボクだと締めはこれくらいって感覚あるけど
家族の誰がやっても締めすぎないし締め足りなくもない
トルクは5Nm固定なので2000円と低価格とてもよい
ビット別売りでT25しか買ってないけど4mmの六角のも買う
フレーム締める用に延長ビットも買ったよ

その場スピンのフラフープ式というのを習った
腰の高さにテーブルがあるつもりで両手を乗せて
そのテーブルに手を滑らせる感じで回る
なんとなくバランスを崩しにくくていい
-2018/03/22 [Thu] 21:23:37-

topへ page 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23
-レッツPHP-